日焼け止めの選び方

日焼け止めの種類とは?

散乱剤は肌に塗る事で紫外線を「反射・散乱」させることで肌を守るという種類です。酸化チタン、酸化亜鉛等がこの散乱剤に利用される成分で、肌に塗ると白っぽくなることが多いので、ちょっと重たく感じる方も多いと思います。

肌に塗ると重く感じることが多い散乱剤ですが、お肌が弱い人や敏感肌という方にとって、気軽に利用できる商品が多いです。酸化亜鉛は炎症を抑制する効果もあるので、日焼けをしてしまったという場合にも、抑制効果が働き炎症をひどくしないようにできるという事も言われています。日焼けをしてしまった後のローションには、塗ると後に白くなるタイプがありますが、それは散乱剤が配合されているものです。

吸収材は肌に塗る事で「紫外線を吸収し、紫外線を熱に変えて肌を日焼けから守る」という商品です。しかし肌の表面上で化学反応を起こすことになるので、散乱剤と比較すると肌に負担があるといわれています。また吸収剤が配合されている成分としては、油分がたくさん含まれているものも多いので、酸化し炎症を起こしてしまうものもあり、肌が弱い方、乾燥肌などの方は利用しないほうがいいかもしれません。

お肌の質やお肌の状態によっても日焼け止めは利用する種類を選択する方がいいという事です。特にお子さんの肌などには、散乱剤が利用されている方が負担も少なくいいかもしれません。