日焼け止めの選び方

日焼け止めタイプの違い

日焼け止めは利用されている成分の違いがありますが、タイプとしても、クリーム、ジェル、パウダー、スプレーと様々な商品があります。用途に応じて利用することができますので、こうした種類をうまく活用して日焼け防止に努めていただきたいです。

クリームタイプは保湿効果が高いものが多く、汗等でも落ちにくいウォータープルーフタイプもあるので、多目的に利用できますし、年齢を重ねた方についても利用出来る万能タイプです。

ジェルタイプはクリームよりも塗った感覚が違い、重さがないので塗布しやすいという特徴があります。ニキビの方などは油分が多いクリームタイプで荒れることもあるようですが、ジェルなら心配ないという商品もあります。最近は汗に強いタイプも登場していますが、やはりクリームの方が汗には強いタイプが多いようです。

パウダータイプはお肌に優しいタイプが多くお子さんにも活用できるタイプです。お子さんにしっかり塗りたいと思う時にも、サッと利用できるのでお子さん用、また大人の方も緊急時にサッとたっぷり利用できるので、オススメです。

スプレータイプは塗っている時間がないという時でもシュッとスプレーするだけなので、いつでも気軽に利用できるとして人気があります。背中などでもスプレーできるので手が届きにくい場所にも対応できる優れものです。